読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールを蹴りたいシステムエンジニア

ボール蹴りが大好きなシステムエンジニア、ボールを蹴る時間確保の為に時間がある時には勉強する。

CentOSで日本語キーボード設定をする

CentOSでの日本語キーボード設定でハマったのでメモ。
下記設定で出来ました。

環境

CentOS6

キーボード日本語化前の日本語化設定+

rootユーザーで実行

yum -y groupinstall "Japanese Support"

スクリーンの日本語化

vi /etc/sysconfig/i18n
LANG="ja_JP.UTF-8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

日本語キーボード設定

この時点ではキーボードの設定は日本語となっておらず「:」キーが別文字に設定されているので、vimで上書き終了する際には「Shift」+「;」で「:」を入力してwqで行います。

[root@localhost ~]# vi /etc/sysconfig/keyboard

KEYTABLE="jp106"
MODEL="jp106"
LAYOUT="jp"
KEYBOARDTYPE="pc"

設定を反映

反映

[root@localhost ~]# source /etc/sysconfig/keyboard

以下を実行でも出来るらしいけどエラー出た。。

[root@localhost ~]# system-config-keyboard

OS再起動

reboot

再起動後は以下のような画面が表示される。
「次回から表示しない」にチェックを入れ「古い名前のまま」
※任意
f:id:blackna7:20170114164321j:plain