読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールを蹴りたいシステムエンジニア

ボール蹴りが大好きなシステムエンジニア、ボールを蹴る時間確保の為に時間がある時には勉強する。

Visual Studio Express 2015 Python Toolsでコード補完が効かない時の対処方法

事象

Visual Studio Express 2015 Python Toolsを使ってPythonコードを実装しているが「Ctrl + Space」でのコード補完が効かない。

対処方法

対処方法というか以下の操作で解決した。

新しいプロジェクト作成、
Pythonの項目から「From Existing Python Code」や「Python Application」を選択して[OK]

[Enter ter filter for files to include.]で「*.py;」を追記、

[Enter any search paths your project needs.]で[...]をクリックし、
C:\Python35\Lib
を選択して[Next]をクリック。
※環境に応じて異なる

後は適当に設定。

ツールバーの[ツール]-[Python Tools]-[Python Environments]をクリック。
右サイドバーにPython Environmentsのウインドウが表示されるので、[Over Vies]となってるプルダウンを選択し[pip]と[inteliSense]を選択。
※この作業をやらないとライブラリの補完が有効にならなかった、恐らくここ重要

プロジェクトで作成したpythonファイルは、ソリューションエクスプローラーで右クリックしてプロジェクトに追加をしないと実行できずにエラーが発生する。


※2016年8月27日追記


既存ディレクトリをプロジェクト(ソリューション)のディレクリとしたい場合は
前述の方法だと駄目だった。
プロジェクト作成時「From Existing Python code」を選択後、
[Enter of browse to folder containing your Python code]で既存のディレクトリを指定
[Enter ter filter for files to include.]で「*.py;」を追記は不要
でコード補完有効なった。