読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールを蹴りたいシステムエンジニア

ボール蹴りが大好きなシステムエンジニア、ボールを蹴る時間確保の為に時間がある時には勉強する。

CentOS7へTomcat7をインストール

CentOS7にTomcat7をインストールする手順をまとめよう。
と思ったけど以前のCentOS6へのインストールとほぼ同じだったのでメモ。

下記記事の手順で問題なかった。
toriaezu-engineer.hatenablog.com


CentOS7では、SysVinitがsystemdに置き換えられており、起動スクリプトが、「/etc/init.d」版と「/usr/lib/systemd/system/」版の2パターンあるが、centos6までと同じくinit.d版を利用する事にしたが特に問題無し。
※systemdはSysVinitの代替となるデーモン
systemd使用するメリットはなんなんだろ。。

どうやらserviceコマンドとchkconfigコマンドがsystemctlコマンドに置き換わってるようだが、古いコマンドで実行した場合も警告メッセージは出るが自動でリダイレクトしてくれていたりして使用は出来るみたい。

systemctlを使って再起動出来る

systemctl stop tomcat
systemctl start tomcat
systemctl restart tomcat

自動起動設定はchkconfig利用したけど問題無く自動起動設定されていたので大丈夫と思われる。