読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールを蹴りたいシステムエンジニア

ボール蹴りが大好きなシステムエンジニア、ボールを蹴る時間確保の為に時間がある時には勉強する。

LinuxへのJava1.7インストール(さくらVPS)

今回はさくらVPSへJavaをインストールします

・環境

さくらVPS
Linux
CentOS release 6.4 (Final)
Java1.7.25

手っ取り早くyumでインストールしようと思いましたが、
あえて、あまり使った事無いrpmでインストールします。
rpmについてあまり分かってないですが、それはまた今度調べます

1.ソースダウンロード、解凍

実は最初java6を使用しようと思ったのですが、
ダウンロードにoracleのサインインが必要で面倒臭かったので
java7を使用する事にしました。
java7は過去バージョンとの互換性も大丈夫らしいので
特に心配する事はなさそうです。

Oracle Blogs 日本語のまとめ: [Java] Migrating from Java SE 6 to Java SE 7


ダウンロードと解凍~

こちらのページからダウンロードリンクURL取得
Java SE Downloads
ここからダウンロードページへ移動します。

Java6の最新版って事で、1.7.25
Java SE Development Kit 7u25」の所で
「Accept License Agreement 」にチェックを付けて、、、
って色々ダウンロードファイルがありどれを選べばいいのか迷いましたが
今回はrpmでインストールしてみようかと思い
Linux x86 80.38 MB jdk-7u25-linux-i586.rpm」
の所からダウンロードしました。

ですが、コピペですぐに取得って訳にいかず
クリックしてダウンロード開始→キャンセル→ダウンロードURLコピーって感じの手順が必要です。。

参考
JDK 7u7をCentOSにインストールする手順 - memo.yomukaku.net

上記で取得したURLをwget
リクエストパラメータのせいでファイル名長いのでリネームしました

cd /usr/local/src/
wget http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/7u25-b15/jdk-7u25-linux-i586.rpm?AuthParam=1378648827_2e478cd4cf163200c063f7d4685e8434     
mv jdk-7u25-linux-i586.rpm\?AuthParam\=1378648827_2e478cd4cf163200c063f7d4685e8434 jdk-7u25-linux-i586.rpm 

ちなみに過去バージョンを利用したい場合はこちらからダウンロードします。
※サインインが必要です
Oracle Java Archive

にしてもoracleのHP分かりづらい・・

過去バージョンJavaのインストール確認
rpm -qa | grep jdk

Javaは入っていませんでした

既にJavaが入っている場合は、「rpm -e 」コマンドでアンインストールします

2.インストール

rpm実行前に実行権限を付与します

chmod +x jdk-7u25-linux-i586.rpm
rpm -ivh jdk-7u25-linux-i586.rpm 

/usr/java/jdk1.7.0_25/bin/unpack200: error while loading shared libraries: libgcc_s.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory
Error: unpack could not create JAR file:

        /usr/java/jdk1.7.0_25/jre/lib/rt.jar

エラー出ました
libgcc_sっていう依存ライブラリが無いようなのでyumでインストール

yum -y install libgcc_s.so.1

再度javaをインストールするので、先ほどインストールしたJavaをアンインストールします

rpm -e jdk-1.7.0_25-fcs.i586

再度インストール実行

rpm -ivh jdk-7u25-linux-i586.rpm 

Preparing...                ########################################### [100%]
   1:jdk                    ########################################### [100%]
Unpacking JAR files...
        rt.jar...
        jsse.jar...
        charsets.jar...
        tools.jar...
        localedata.jar...
        plugin.jar...
        javaws.jar...
        deploy.jar...

今度はエラー無く無事インストール出来たっぽいです

インストール確認
which java
/usr/bin/java

java -version
java version "1.7.0_25"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_25-b15)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 23.25-b01, mixed mode, sharing)

javaのパスとバージョンが確認出来ました、インストール完了です。

3.環境変数の設定

プロファイルに環境変数を追加します。
以下の3行を最終行へ追加します。

vi /etc/profile

export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

設定反映

source /etc/profile


完了~

参考

今回こちらを参考にさせて頂きました
JDK 7u7をCentOSにインストールする手順 - memo.yomukaku.net