読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールを蹴りたいシステムエンジニア

ボール蹴りが大好きなシステムエンジニア、ボールを蹴る時間確保の為に時間がある時には勉強する。

お名前ドットコムで「Whois情報公開代行」しなかった結果

個人でのお遊び用として、お名前ドットコムでドメインを取得していましたが、
全く利用していませんでした。
ドメイン取得して約1年経過しそうだったので、
久しぶりに取得ドメインにアクセスすると見つかりませんでしたのエラーが。

そういえば、契約自動更新してなかったかなと思い、
whoisドメイン情報を確認した所、まだ存在しているようでした。

そこで絶句…

名前を始め、自分の住所・電話番号といったもろもろの個人情報が全て掲載されていました。
調べてみた所、ドメインの登録情報は、
ICANNのポリシーにより、インターネット上のWhoisで公開することを義務付けられています。
との事。

お名前ドットコムであれば「Whois情報公開代行」というサービスに申し込む事で、
Whois上で表示されるお客様のドメイン登録情報を、お名前.comの情報に代えて掲載するそうで
個人情報の露出を避ける事ができるそうです。

ドメイン取るなら お名前.com:Whois情報公開代行

全然知りませんでした。
ドメイン取得時にしっかりとその辺り調査しとくべきでした。

ドメインの有効期限も後2ヶ月位ですが、
自分の情報がネット上で公開されているのは嫌なのでWhois情報公開代行を設定しました。
※残りの登録期間が「x年+300日以内」の為0円でした

設定後は直ぐにwhoisにも反映され、個人情報は消えていました。
これで一安心


というか「Whois情報公開代行の料金」は
1ドメイン当たり980円(税込1,029円)/年
らしいです。
.comドメイン1つ分の値段とは意外に高い。