読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールを蹴りたいシステムエンジニア

ボール蹴りが大好きなシステムエンジニア、ボールを蹴る時間確保の為に時間がある時には勉強する。

WordPressをローカル環境から本番環境へ移行メモ

WordPressをローカル環境から本番環境に移行する際のメモ。
以前に移行した際に記事に纏めたはずなんだけど無かった…

WordPress設定ファイル修正

wp-configを修正。
ローカルと本番環境で異なる点のみ変更。
必要に応じてtable_prefix、WP_CONTENT_DIR、WP_CONTENT_URLも

define('DB_NAME', 'testsite');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'user');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'pass');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'host.host');


$table_prefix  = 'wp_';

define( 'WP_CONTENT_DIR', dirname(__FILE__) .'/test_content' );
define( 'WP_CONTENT_URL', 'http://localhost/test_content');

DB内のホスト名を変更

ローカル環境のホスト名「localhost」を本番環境のドメインに変更。
Search-Replace-DB-masterというツールを使うと楽です。

参考サイト
WordPress移行時にURLをSQLで直接一括置換はダメ! 「Search and Replace for WordPress Databases Script」を使おう | infoScoop開発者ブログ


入力例

search/replace

replace:localhost
with:test.com
※use regexはチェックしない

tables

all tablesにチェック

上記を設定後「dry run」をクリックする実行された際の実行対象テーブルと変更があった行数が表示されます。
※このクリックでは実際に変更は行われません

変更の影響が問題無い事が確認出来たら、「live run」ををクリックし変更を実行します。
ポップアップが表示されますが「ok」をクリックで実行開始。
実行後、実行対象テーブルと変更があった行数が表示されます。


実行後はこのツール不正アクセスされないようツールを削除します。
手動でディレクトリ削除でも良いのですが、このページの「delete me」でも削除できるそうです。

なんて便利なツールなんだ



他にも修正すべき点はあるかもしれないけど、今回はこの2点の修正で本番環境でも正常にサイトが表示されました。