読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールを蹴りたいシステムエンジニア

ボール蹴りが大好きなシステムエンジニア、ボールを蹴る時間確保の為に時間がある時には勉強する。

【python】gunicornとfalconを使ってWSGIサーバを作成してみる

環境

CentOS6
python3.5.1
gunicorn19.6.0
falcon-1.0.0

はじめに

gunicornはPython製のWSGIサーバ。
WSGIサーバーとはWEBサーバーとWebアプリケーションをつなぐサーバ。
今回はwebアプリケーションにpythonのWEBフレームワークfalconを利用する。

前回の記事で導入したfalconアプリケーションを今回は利用する
toriaezu-engineer.hatenablog.com


手順

gunicornインストール

pip install gunicorn

インストール確認。

gunicorn -v
gunicorn (version 19.6.0)

gunicorn起動
バックグラウンドプロセスで起動する。

gunicorn falcon_test:api &

起動時の引数は

gunicorn モジュール名:falcon.APIインスタンスの変数名


モジュール名は、pythonスクリプトファイル名の拡張子を省いたもの。
falcon_test.py

falcon.APIインスタンスの変数名

api = falcon.API()

起動してみる
※BGプロセスで起動
何かログ出た

gunicorn falcon_test:api

[2016-09-15 20:09:08 +0900] [62160] [INFO] Starting gunicorn 19.6.0
[2016-09-15 20:09:08 +0900] [62160] [INFO] Listening at: http://127.0.0.1:8000 (62160)
[2016-09-15 20:09:08 +0900] [62160] [INFO] Using worker: sync
[2016-09-15 20:09:08 +0900] [62234] [INFO] Booting worker with pid: 62234


curlでアクセスしてみる
gunicornで起動するとfalconアプリケーションで指定したポートは無効になるみたい。
gunicornのデフォルトのポート8000でアクセスする。

curl http://localhost:8000/test_api?key=TEST 

{'USER-AGENT': 'curl/7.19.7 (x86_64-redhat-linux-gnu) libcurl/7.19.7 NSS/3.21 Basic ECC zlib/1.2.3 libidn/1.18 libssh2/1.4.2', 'HOST': 'localhost:8000', 'ACCEPT': '*/*'}
{"title": "WebAPIテスト", "tags": [{"バージョン": [], "name": "テスト"}, {"name": "request", "TEST": []}]}

アクセス出来た。

停止するには、プロセス番号を特定してkill
2つプロセスあるけど・・

 ps ax|grep gunicorn
 
 62676 pts/0    S      0:00 /root/.pyenv/versions/3.5.0/bin/python3.5 /root/.pyenv/versions/3.5.0/bin/gunicorn falcon_test:api
 62750 pts/0    S      0:00 /root/.pyenv/versions/3.5.0/bin/python3.5 /root/.pyenv/versions/3.5.0/bin/gunicorn falcon_test:api

pkill

 pkill gunicorn
[2016-09-15 20:13:47 +0900] [62676] [INFO] Handling signal: term
[2016-09-15 20:13:47 +0900] [62750] [INFO] Worker exiting (pid: 62750)
[2016-09-15 20:13:47 +0900] [62676] [INFO] Shutting down: Master

停止してる事を確認

[root@localhost falcon]# ps ax|grep gunicorn
 63106 pts/0    S+     0:00 grep gunicorn

パット見、falconだけの起動時と何も変わらない。

と思ったら、起動時のオプションで色々指定できるみたい。

参考
http://docs.gunicorn.org/en/stable/settings.html


ポート番号指定して起動

gunicorn -b localhost:4000 falcon_test:api &

workerプロセス4つで起動
2~4の間で指定

gunicorn -w 4 falcon_test:api &

4プロセス起動してる

pstree -a|grep gunicorn
  |           |-grep gunicorn
  |           |-gunicorn /root/.pyenv/versions/3.5.0/bin/gunicorn -w 4 falcon_test:api
  |           |   |-gunicorn /root/.pyenv/versions/3.5.0/bin/gunicorn -w 4 falcon_test:api
  |           |   |-gunicorn /root/.pyenv/versions/3.5.0/bin/gunicorn -w 4 falcon_test:api
  |           |   |-gunicorn /root/.pyenv/versions/3.5.0/bin/gunicorn -w 4 falcon_test:api
  |           |   `-gunicorn /root/.pyenv/versions/3.5.0/bin/gunicorn -w 4 falcon_test:api

デーモンプロセスで起動
これ指定すれば&はいらないや。

gunicorn -D  falcon_test:api

workerのスレッド数
2-4 x CPUコア数の間で指定

gunicorn --threads 2 falcon_test:api 

workerの最大コネクション数

gunicorn --worker-connections 100 falcon_test:api

タイムアウト値、ワーカーが指定した秒数応答無い場合、自動的に再起動されます。
合ってるか怪しい

gunicorn -t 30 falcon_test:api

カレントディレクトリを指定
webアプリケーションのpythonがある場所を指定したりする

gunicorn --chdir /work/falcon/ falcon_test:api 

pidファイルを作成

gunicorn -p /tmp/gunicorn.pid falcon_test:api

こんな感じでプロセスIDが出力される

cat /tmp/gunicorn.pid 
64695

アクセスログ出力

gunicorn --access-logfile /tmp/gunicorn_access.log falcon_test:api 
cat /tmp/gunicorn_access.log 
127.0.0.1 - - [15/Sep/2016:22:35:13 +0900] "GET /test_api?key=TEST HTTP/1.1" 200 117 "-" "curl/7.19.7 (x86_64-redhat-linux-gnu) libcurl/7.19.7 NSS/3.21 Basic ECC zlib/1.2.3 libidn/1.18 libssh2/1.4.2"

エラーログ出力

gunicorn --error-logfile /tmp/gunicorn_error.log falcon_test:api 
cat /tmp/gunicorn_error.log

[2016-09-15 22:36:16 +0900] [65318] [INFO] Starting gunicorn 19.6.0
[2016-09-15 22:36:16 +0900] [65318] [INFO] Listening at: http://127.0.0.1:8000 (65318)
[2016-09-15 22:36:16 +0900] [65318] [INFO] Using worker: sync
[2016-09-15 22:36:16 +0900] [65332] [INFO] Booting worker with pid: 65332

ログレベル指定

gunicorn --log-level debug falcon_test:api 

他も色々設定あるみたい。

後でヘルプで確認してみる

gunicorn -h