読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールを蹴りたいシステムエンジニア

ボール蹴りが大好きなシステムエンジニア、ボールを蹴る時間確保の為に時間がある時には勉強する。

WindowsでGradleを使用してjarライブラリをダウンロードする方法

環境

Windows10
cygwin
gradle

前提として、gradleがインストール済みである事。
WindowsでビルドツールGradleをインストールして使ってみる - ボールを蹴りたいシステムエンジニア

手順

jarライブラリをgradleを使用してダウンロードする方法。
以下はgsonのjarをダウンロードする場合の例。

gsonのMavenリポジトリのページを確認。
使用するバージョンのリンクをクリック。
今回は「2.3.1」を利用するとしてクリック。
http://mvnrepository.com/artifact/com.google.code.gson/gson
※検索ボックスからライブラリ検索も可能

ページ遷移後のページで「Gradle」のタブをクリックして表示されるコードをコピー
※ちなみにこのページの「Download (JAR)」クリックでjarダウンロードは出来ます。

// https://mvnrepository.com/artifact/com.google.code.gson/gson
compile group: 'com.google.code.gson', name: 'gson', version: '2.3.1'

cygwinで適当なディレクトリでgradleスクリプト作成
先程コピーしたコードを貼り付け、その他のコードは以下の通り。

build.gradle

apply {
    plugin 'java'
    plugin 'eclipse'
}

repositories {
    mavenCentral()
}

dependencies {
compile 'com.google.code.gson:gson:2.3.1'
}

ビルド実行
結果ログをgradle.eclipse.logにリダイレクトしているが、
後程のコマンドでダウンロードしたjarファイルをコピーするコマンド生成の為。

$ gradle eclipse > /tmp/gradle.eclipse.log 

結果ログはこんな感じ

$ less /tmp/gradle.eclipse.log

:eclipseClasspath
Download https://repo1.maven.org/maven2/com/google/code/gson/gson/2.3.1/gson-2.3.1.pom
Download https://repo1.maven.org/maven2/org/sonatype/oss/oss-parent/9/oss-parent-9.pom
Download https://repo1.maven.org/maven2/com/google/code/gson/gson/2.3.1/gson-2.3.1.jar
Download https://repo1.maven.org/maven2/com/google/code/gson/gson/2.3.1/gson-2.3.1-sources.jar
:eclipseJdt
:eclipseProject
:eclipse

BUILD SUCCESSFUL

Total time: 7.541 secs

ローカルリポジトリからコピーする先のディレクトリ作成

$ mkdir ./lib

ローカルリポジトリからlibディレクトリにコピー。
結果ログを元にダウンロードしたjarファイルをコピーしてる。」

cat /tmp/gradle.eclipse.log | grep Download |grep -v sources| awk -F / '{print $NF}' | while read jar; do cp -p /cygdrive/c/Users/ユーザー名/.gradle/caches/modules-2/files-2.1/*/*/*/*/$jar ./lib/; donef

コピーされた

$ find lib/                                            
lib/
lib/gson-2.3.1-sources.jar
lib/gson-2.3.1.jar

コピー後はディレクトリは削除しましょう

$ rm -r lib/